MAC式ベースボール股割りメソッド<2>

【フィジカルトレーナー・Mac高島氏の投稿】

<2>  腰割り=股割り
~「腰割り」が出来ない事による「野球動作」への影響~
腰割りができないと守備動作、投球動作、打撃動作などにおいて、

  • 「腰が落ちる」
  • 「インステップ」
  • 「体が開く」
  • 「低い姿勢が作れない」
  • その他

の影響を与えます。
「腰割り」ができない事が技術にも大きく関わっているのです。

膝が内に入る

膝が内に入る

インステップする

インステップする

膝が割れる、体が開く

膝が割れる、体が開く

腰が落ちない

腰が落ちない

腰割りは野球のゴロ捕球、バッティング、ピッチングなどの基本の姿勢・動作につながります。
即ち、しっかりとした腰割りができることは野球のパフォーマンスアップにつながります。
また、怪我の予防にもなるのです。

まずは『股割り』のチェックを行い、自分の体の柔軟性を知るころとから始めます。
次に自分の柔軟性に合った目標「肘」「頭」「胸」を作り、クリアできるようコンディショニングを行っていきます。
*** 痛みを感じたり、無理やり伸ばすようなストレッチは禁物。 ***
*** 肉離れなどの怪我に繋がります。 ***

 

 

Comments: Leave a Comment

Leave a Reply