スポーツジャーナリスト 玉木正之

テレビではよく見かけ、「正しい事」を言う人だなぁと思っていた。
いつか著作を読んでみたいと思っていたが、何故か今まで未読。

ところが、よく出入りする学校の体育教官室にこの本が。

続 スポーツ解体新書 玉木正之著
続 スポーツ解体新書 玉木正之著

 

 

なかなか面白かった。

私のスポーツに対する考え方、見方に対しても大いに刺激を与えてくれ、先へ進むための示唆も与えてくれた。

スポーツは豊かな社会作りに貢献するために存在している
スポーツジャーナリズムとスポーツアカデミズムが接近し、スポーツに対する歴史認識が一般化すれば、現在の、未来の日本のスポーツは誰もが望ましいと思える方向へと向かうに違いない」

次に読むべきは、「『オフサイドはなぜ反則か』:中村敏雄著」。
そしてヘミングウェイの『老人と海』ですね。

Comments: Leave a Comment

Leave a Reply