マウスピースの効果

スポーツをする際、力を入れる際には「歯を食いしばります」。
いわゆる、「歯を食いしばって頑張る」ってヤツですね。
いかにも日本人受けしそうで、感動を呼ぶスポーツ選手の姿。

ですが、この「歯を食いしばる」行為が、集中力やパフォーマンス低下に繋がるという医学的研究もなされています。
「歯を食いしばる」事は、過度なストレスがかかっていることの証拠で、それゆえに脳が自己防衛機能を働かせてしまう、と言う事のようです。

結構前から、マウスピースの効果は言われているようですが、いま一つ浸透していないようです。
仕事柄、歯科医師の先生方との交流が多いのですが、「効果は確かにあるのだが、なぜか浸透しない」と言う意見が多いようです。

何故浸透しないのか、を今一度考えてみたいと思っています。
Mouth-P

Comments: Leave a Comment

Mac高島氏による指導者講習会

来る8月3日(土曜日)、仙台にてコンディショニング講習会(指導者など対象)が開催されます。
Mac高島氏が提唱している、「Mac式股割りメソッド」についての指導者講習会です。

Mac式股割りメソッド」は、全てのアスリートにとって技術向上の為の第一歩として採り入れるべきもの。
「センス」で片付けられがちな「動きの良さ」は全て股関節にその秘密があります。

ケガをしないで長く、高いレベルでスポーツを続ける」為に、指導者・保護者の方が必ず知っておかねばならない事だと断言できます。

20130519-080037 (1)

Comments: Leave a Comment