Posts Tagged '野球文化'

リロイ・ロバート・ペイジ

リロイ・ロバート・ペイジ <Leroy Robert  Paige>

この名前を聞いてすぐにピン!と来た人は相当なベースボール通です。

 

サチェル・ペイジ <Satchel Paige>

これでわかってもかなりのものです。

 

サチェル・ペイジの華麗なピッチングフォーム

Leroy Robert "Satchel" Paige

彼は伝説の投手といわれていますが、あの160km/hの速球を投げていたと言われる、火の玉投手ボブ・フェラーが「サチェルの投げるボールがファストボールなら、俺の投げるボールはチェンジ・アップだよ」と発言しています。

そのサチェル・ペイジの成績を紹介すると。

2500試合以上に登板し、2000勝以上をあげ、うち完封勝利は350以上ノーヒットノーラン達成は55試合

「言われて」います。

 

私が彼の事を知ったのはおよそ30年前の1982年の6月の事でした。

当時私は高校3年生でしたが、それは新聞の隅にあった小さな囲み記事でした。

そこには「伝説の名投手ペイジ氏死去」と書かれていました。

しかしその記事を読んでも全く理解できず、「それだけの投手を何故これまで知らなかったのか?」と思っただけでした。

 

それから2年後、彼の事を取材した一冊の本が出版され、それを読んだ私は2年前の疑問に対する答えを得ました。

なぜサチェル・ペイジが「伝説」の投手といわれているのか

そして、全く知らなかったアメリカにおけるベースボールの歴史も知りました。

ナショナル・パスタイムと言われる所以や文化としてのベースボール

かつて「地球の裏側にもう一つのベースボールがあった」と言った、スワローズでプレーした元メジャーリーガーがいましたが、なんとなく彼の気持ちがわからなくもありません。

この本を読んだ事がきっかけで、単身アメリカを旅しクーパーズタウンにも行きました。

 

史上最高の投手は誰か」 佐山和夫著

佐山和夫著:史上最高の投手は誰か

興味のある方は是非ご一読を。