高畑好秀メンタルトレーナー

< メッセージ >

メンタル・トレーナー 高畑好秀

スポーツでは心技体という言葉がよく使われます。
僕は心体技だと考えています。
心の状態が体に影響を与えて、その体が技術を表現します。
幅30センチの板を地面に置いてその上を歩けと言われれば、皆さん普通に歩けますよね。
つまり皆さんは歩く体も技術もあるということです。
しかも歩くなんてことは、スポーツの練習以上に日々の生活の中でたくさん練習を繰り返しています。
しかし、それが高いビルの屋上の端だったらどうでしょうか?
きっと歩くどころか立つことさえできないでしょう…。
つまり心の中に不安や恐怖を感じてしまうと当たり前にできることができなくなるということです。
試合の時に不安や恐怖、緊張やプレッシャーを感じてしまうとどうなるか…。
きっと皆さんも多かれ少なかれそんな経験をされていると思います。
スポーツで練習でできていることが、試合で力をまるで発揮できずに終わる…。
勝敗以上にこんなに残念なことはありませんよね。
メンタルトレーナーとしての僕の仕事は、力を発揮できるための心を万全の状態に整えていくことです。
今までプロ野球やJリーグ、プロゴルフ、プロボクシングなどのプロスポーツや陸上、水泳、ソフトボール、柔道などのオリンピック選手達を数多く指導してきました。
そしてふと気づけばこの道を20年歩み続けてきました。
そんな折、高校の先輩であるキノルスポーツワークスの谷口さん、トレーナーの高島さんとこのようなプロジェクトで総合的な形でスポーツをされている皆さんをサポートしていけることを幸せに感じています。