the third finger

強く、切れのあるボールを投げるには?

「縫い目にかけた人差し指と中指の先に意識を集中し、思い切りスピンをかけ、できるだけ打者に近い位置でリリースする」

これに尽きる。

 

 

、とお考えでしょうか?

高島誠トレーナーを中心とするトレーナーチーム、スポーツ・ドクターチームはそうは考えていないようです。

キーワードは「薬指」。

腕をまっすぐ前方に伸ばしてみてください。

そして指を軽く開いて、手のひらを上に向けたり、横に向けたり、下に向けたりして回転してみてください。

(肩から手首の位置は保持したまま)

the third finger

一番位置を変えないでいるのはどの指でしょうか?

ボールを支えるだけと考えがちな「薬指」こそ、速球やカミソリのような変化球を生み出す基になるのです。

近代野球において、打高投低の流れは当然と思われています。

だからこそMLB,プロ野球ではピッチャーの分業制が確立しています。

しかし、その流れに革命を起こすかもしれない「薬指」。

野球に第3の革命を起こす指 = The Third Finger

Comments: Leave a Comment

Leave a Reply