鏡と鑑

「おかげさまで」

夏がくると、冬がいいという
冬になると、夏がいいという
太ると痩せたいという
痩せると太りたいという
忙しいと閑になりたいといい
閑になると忙しい方がいいという
自分に都合のいい人は善い人だとほめ
自分に都合が悪くなると、悪い人だと貶(けな)す
借りた傘も雨があがれば邪魔になる
金を持てば古びた女房が邪魔になる
世帯を持てば親さえも邪魔になる
衣食住は昔に比べりゃ天国だが
上を見て不平不満に明け暮れ
隣を見ては愚痴ばかり
どうして自分を見つめないのか
静かに考えてみるがよい
いったい自分とは何なのか
親のおかげ、先生のおかげ、世間さまのおかげのかたまりが 自分ではないのか
つまらぬ自我妄執を捨てて 得手勝手を慎んだら 世の中はきっと明るくなるだろう
おれが、おれがを捨てて、おかげさまで、おかげさまでと暮らしたい

<作者不詳>

学生野球、特に高校野球や中学野球では、「感謝の心」がキーワードとしてよく取り上げられます。

今春の選抜での「選手宣誓」でも話題になりました。

子は親の鏡

しかし、彼等は「感謝の心」というものを、本当に心の底から理解しているのでしょうか?

人は成人し、社会で揉まれ、理不尽な目にも遭い、それでも耐え、そして生きていかねばなりません。

その中で、人生とは何なのかについてそれなりの答えを見つけ、その時初めて「おかげさまで」、とか「感謝の気持ち」を理解するようになるのではないでしょうか。

 

特に昨今の時代背景からして、中学生や高校生に「感謝の気持ち」を真に理解しろ、と言っても少々無理があると思います。

しかし、彼等に一日でも早くそれに気付いてもらう、感じてもらう為の努力を怠ってはなりません。

 

子は親の鏡。若年層は、その上の年代の鏡。

私たちは常に率先垂範し、若者たちの「鑑」でなけらばなりません。

率先垂範 鑑たるべし

今の自分を戒めています。

Comments: Leave a Comment

Leave a Reply